審査では勤務先に電話連絡がきますか?


<<気は使ってくれるが・・・>>

キャッシングの審査で不安要素の一つとして自分の勤めている会社への電話があります。
この電話確認の事を在籍確認と言います。本当に申込書に記載されている会社にその人が勤めているかを確認するのです。源泉徴収票などに勤務先は記載されていますが、それは前年の資料であり現在どうなのかはわからないのです。
ただし、自分の勤めている会社に消費者金融から電話があったというだけで、上司から呼び出しを受けて、生活状況を根掘り葉掘り聞かれたという人もいるのではないでしょうか。会社側としては従業員がお金に困っているのかと不安に思っているのでしょうが、聞かれる方はいい迷惑です。
ただし、消費者金融が在籍確認の電話をする際には、このようなトラブルが起きないように結構気を使っていることが多いです。担当者の個人名で電話をして消費者金融だと名乗らないのです。とはいえ、通常外部から電話のない人に電話があれば周囲も不審に思いますし、消費者金融だと分からなくても私用電話が会社にあったとなれば、それなりに問題も生じるかもしれません。


<<やり方一つで在籍確認の電話は回避できる>>

消費者金融からの在籍確認の電話は、このように色々なトラブルの原因になります。できれば回避したいものです。
しかし、消費者金融側としても在籍確認をしないと安心してお金を貸すことはできないので、省略することはできません。ただし、あえて会社に電話をしなくても確実に勤務していることがわかれば目的は達せられます。
消費者金融により対応は分かれますが、健康保険証を提示したり、給与明細や給与振込銀行の通帳を提示することで在籍確認を省略してくれるケースがあります。もちろん、新入社員のように勤続年数が少なかったり、入退者が激しい職業の場合は受け付けてくれないこともあります。このあたりの判断は、消費者金融の担当者判断で決めているようです。
消費者金融によっては在籍確認の電話は絶対に省略できないというところもあります。このような消費者金融に対して、何とかならないかと頼んでも無理です。大手であれば特にそうですが、消費者金融の内規で省略できないと決められていたら担当者の一存で省略することはできないのです。


<<最初から在籍確認の電話がない消費者金融>>

一部の消費者金融では、最初から在籍確認の電話を省略している申込方法を設けている場合があります。モビットのWEB完結がその例です。
モビットのWEB完結は、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持ち、かつ健康保険証の提示ができる人が条件です。また直近月の給与明細書の提示も求められます。保険証と直近月の給与明細があれば、さすがに勤務しているだろうと判断できるわけです。
このまで在籍確認を省略すると明示している消費者金融はほとんどありませんが、他の消費者金融が在籍確認を省略する際には、これらの書類の提示を求められるであろうことは想像できます。
もし消費者金融の申込で在籍確認の電話を回避したいと思うなら、これらの書類を準備することが一つの方法として有効ではないかと考えられます。

PAGE TOP